人気ブログランキング |

21と22の重み

小学校で知り合ったママ(ロビさん)
とっても大人しい方です。
ロビさんは
ロビのひとりごとと言うブログをやっています。
ロビさんは大学病院の産科のナースです。
悲喜交々たくさんの話がアップしてあります。
良かったら訪問してみてください。

そんなロビさんのある日の記事からです。

妊娠週数の21週と22週
検診ではさほど意識しないでしょうね。
でも早産の21週と22週の大きな差が・・・・
21週の早産は法的に蘇生できないって知ってましたか?
ただ、ただ、赤ちゃんがママの手の中で鼓動が止まるのを待つだけだそうです

21週と22週が一緒になるってどういうことか分かりますか?
保育器に入るのは22週の子だけだそうです。
21週の子の体重がずっと多かったのに。
ロビさんはもちろん誰も何もできません。

体の機能的に仕方ないのかもしれないけど
現代医療が発達している中で
数字で割り切れない何かが
法律で割り切れない何かがあるような気がします。

人間は直感という本能がある生き物です。
「このまま見取ります。」
「なんとか蘇生の方向で」
母親の意思が優先されても良いのではないかと思ってしまいます。

生きようとしている命
生きて!と心から思う親がいるのなら
とりあえずでもいいから
見過ごさなくてすむ法律を作ってほしいです。

数字ってなあに?
割り切ってしまって良いの?

久々疑問が残りました。

by noripipi2000 | 2009-03-05 21:29 | Comments(0)