人気ブログランキング |

ある天使ちゃんの物語②・・・だからガイドを続けていける

ママのせいでは無い。

納骨してあげる・・・それ以上の答えはありませんでした。

ママは、いやどなたでも、ガイドで一瞬は楽にはなりますが
幸せ街道を進む上で何度か自分の心と葛藤するときが来るのは必然です。

何故・・・という思いで今まで手元に置いておいた天使ちゃんを
それがベストと分かっていても離れる・・・それは
別の意味とても寂しく切なすぎる・・・・

そこを一緒に越えるお手伝いをする・・・
私の役目だと思っています。

天使ちゃんのお兄ちゃんはスポーツをしています。
ガイドの後、丁度地区予選も始まり
それが良い結果に繫がる何かになるはず・・・
そうメッセージを受け取りました。



納骨する・・・複雑ですがそれがベストの道

ママの中でも少しずつそういう思いが固まってきたのだと思います。

我が家でも子供を通してそれを感じました。

次男が突然
「宇宙に向かってレッツゴー!」と言ったり
「ママもそのうち宇宙に還るんでしょ?」と言い出しました。

天使ちゃんも嬉しいのかしょっちゅう遊びに来ていました。
お兄さんが順調に地区予選で勝ち進み
「今日も応援します。」とママにメールを入れたところ
我が家のおもちゃの冷蔵庫の音楽が鳴り出しました。
どうしても止まりません。
「なんだろう・・・」
新聞の大会情報を見ると
なんと試合は翌日でした。
「違うよ!!」
天使ちゃんは教えてくれたんですね。

地区予選会場には紋白蝶がしょっちゅう応援に来ていたそうです。


予選も終わり
ある日の次男の連絡ノートを見て
びっくりしました。
「忘れないよ。ぱぱ、まま・・・」
プールサイドでそう突然言ったそうで
担任の先生は意味が分からずノートにそう書いてきたのです。


続く・・・
Commented by at 2007-09-09 08:38 x
昨日、納骨を終えました。
黒い服が太陽光を吸収するので、みんな滝のような汗でした。
「忘れないよ。ぱぱ、まま」 この言葉に涙が出ました。
納骨出来なかったお気持ちも、私のレベルですがお察し出来ます。
でもここあさんを通して、メッセージを伝えてもらったり、いつでも近くに居てくれることがわかって、次の行動に進むことが出来ました。
残された家族は、そのことを忘れずに笑顔で生活して行くことが、一番の供養になるのかな・・と、思えました。
Commented by ままよ at 2007-09-10 00:27 x
また、高校生と今夜もバトルのままよです。
そうね。こんな事で、怒っている自分が情けないのです。
今夜も気づきをありがとう。
Commented by noripipi2000 at 2007-09-10 15:54
Cさま・・・お疲れ様でした。きっと今度は別の感情が沸いてくるでしょうね。幸せ街道の・・・
Commented by noripipi2000 at 2007-09-10 15:58
ままよさま・・・そうですか・・・今日完結編アップしました。
by noripipi2000 | 2007-09-09 03:56 | Comments(4)