人気ブログランキング |

ひとつ

偉人たちの名言集より・・・4 
自分が他人にしてもらいたいと思うことは、何でも他人にしてやるべきではない。その人の趣味が自分と同じではないかもしれない。
ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 - 1950年11月2日)、イギリスにおいて主に19世紀に活躍したアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者。イギリス近代演劇の確立者として有名
 


まあ、そのとおりでしょう。相手をみて・・ですね。


NHK紅白歌合戦のときに
長渕 剛さんが歌った「ひとつ」
震災で焼け焦げたままの宮城県石巻市門脇小学校で除夜の鐘と同じ108のライトをつけて歌いましたね。
真っ黒な校舎と
ライト
なんとも、切なく、自然の驚異を目の当たりにして
セブで紅白を見ていたのですが
椅子から立ちあがれないほど複雑でした。
なんと、YOU TUBEに動画が(こちらです。多分NHKさんに削除されるのは時間の問題だと思います。見られるのは今だけかも・・・)
門脇小学校は
津波の後の大規模火災にあったのだそうです。
d0116539_2220292.jpg

以下 YOMIUARIネットニュースより抜粋)
2011年3月11日。激震から50分後の午後3時半過ぎ、校舎は津波とともに炎にも襲われた。住民の避難場所まで炎上する不測の事態が起きていたのだ。

 「バン、バン」。校舎2階にいた佐藤裕一郎教頭(58)の耳に爆発音が響いた。校庭を見下ろすと、津波で押し寄せた100台もの車が、次々と燃え始めていた。その後ろからは出火した家屋まで迫っている。窓越しでも炎が熱い。

 児童は地震直後に校外の高台に誘導したものの、校舎にはお年寄りを中心に数十人が避難していた。

 「逃げろ」。授業で教師が立つ長い教壇を2階から裏山へ架け渡し、30人以上を脱出させた。

 校舎隣の体育館にも、消防団分団長の浜谷勝美さん(69)ら10人ほどがいた。

 車の炎上に気づいた浜谷さんは、腰まで水につかりながら、車内に閉じこめられた2、3人を引っ張り出した。車窓から顔を出して「助けて」と叫ぶ姿がほかにもあったが、炎は5メートル先に迫ってきた。

 「すまない」と心でわびながら、浜谷さんは住民らを連れて裏山へ向かった。

 炎はすぐに校舎に飛び火し、最上階の3階まで燃やし尽くした。小学校に避難していた住民たちの命は、間一髪で救われた。

 「避難所まで焼けるなんて考えもしなかった。裏山がなかったら、逃げる場所すらなかった」と浜谷さんは振り返る。

 宮城県警によると、小学校周辺では、55人が焼死体で見つかった。延焼面積は5・6ヘクタールに及ぶ。


「ひとつ」 - 長渕 剛
一人ぼっちさせてごめんね もう二度と
離さない 離れない 離したくない

君に寄り添い傍に生きるよ もう二度と
忘れない 忘れさせない 忘れたくない

悲しみはどこから やってきて
悲しみはどこへ いくんだろう
いくら考えても 分からないから
僕は悲しみを抱きしめようと決めた

ひとつになって ずっと一緒に共に生きる
ひとつになって 君と生きる 共に生きる

月の滴が涙に揺れて 海に光る
会いたくて 会えなくて それでも僕は探した
星が降る夜君を思い ずっと歩いたよ
明日きっと 明日きっと 幸せになれるね

永遠の幸せは どこからやってきて
永遠の幸せは どこにいくんだろう
いくら考えても 分からないから
僕は悲しみを抱きしめようと決めた

ひとつになって ずっと一緒に共に生きる
ひとつになって 君と生きる 共に生きる



東日本大震災では各国から
大規模な支援をいただきました。
それをアップしている方が結構います。
分かる範囲でアップしたいと思います。

アイスランド共和国・・・義援金1000万円超
アイスランド赤十字社ではSýnum Japan Samstöðu (日本に連帯を示そう)という電話募金もしてくださったそうです。その動画はこちら
by noripipi2000 | 2012-02-13 22:47 | Comments(0)