人気ブログランキング |

極刑執行・・・

d0116539_22591689.jpg



2000年
私の住む
宇都宮の繁華街のオリオン通り(今はかなり人が離れていますが)の
ジュエリーツツミで起きた
事件をご存知の方は多いと思います。

事件史探求からの引用です。


平成12年6月11日午後7時30分頃、栃木県宇都宮市のジュエリーツツミ宇都宮店に自称産業廃棄物処理会社相談役の篠沢一男(当時49歳)が入店してきた。篠沢は以前同店で貴金属を購入した実績があり店長や店員らと面識があった。篠沢はこの日の午後5時頃に一度同店を訪れて「1億5000万円分の取引をしたい。現金で購入するから商品を用意してくれ」と店長に伝えていた。

店長の荒井紀美子さん(当時49歳)は、以前も同様の取引を篠沢から持ちかけられたが、その時は篠沢がいう産業廃棄物会社の実体が無かったことから取引には至らなかった。だが、今回は現金で購入するという篠沢の言葉を信じて取引に応じた。

荒井店長は1億円以上の商品を揃えるには時間がかかるため、改めて7時30分頃に来店して欲しいと篠沢に伝えた。このため、篠沢は改めて指定時間に再び同店を訪れたのだった。この時、荒井店長の他、松山名美子さん(当時51歳)、堀美知子さん(当時51歳)、久野みち子さん(当時41歳)、立川正恵さん(当時24歳)、浅沼祥子さん(当時22歳)の5人の店員がこの取引のため残業をしていた。

篠沢は、大きなブランドのバックを持参して「この中に1億5000万円が入っている」と荒井店長らを騙して、バックの中に1億4000万円余りの貴金属類を入れさせた。その直後、篠沢は「動いたり、騒いだりすんじゃねぇぞ」と怒鳴りつけ凶悪犯に豹変した。その後、荒井店長ら6人を粘着テープで縛り上げ店舗奥の休憩室に押し込んだ。

すると、篠沢は持参したオイル缶からガソリンを6人の全身や付近の床などに撒いて放火して逃走した。同店はたちまち猛火に包まれた。通報で急行した消防車17台が懸命の消火作業を行ったが鎮火したのは翌日の午前0時15分頃だった。直後、消防署の現場検証で炭化した男女の区別もつかない6体の焼死体を発見。更にオイル缶が発見されたことで放火と断定した。直ちに栃木県警は放火殺人事件として捜査を開始した。




犯人が
今日
菅政権の元
初めて
極刑が執行になりました。

極刑は私は妥当だと思います。
ですが
事件の被害者の方たちの
遺族のことを考えると
とてもやりきれません。

これから先、もう何も解決がない。
犯人が死んでしまったら
その後
何もない。

怒り・悲しみ・憎しみはどう処理するのか・・・・

大阪の児童殺傷事件の犯人も
あっという間に
極刑になってしまいましたが

極刑はベストの刑とは思いますが
むなしい早い展開です。

事件の被害者の方・ご遺族の方がたの
お気持ちは
私は
とうてい図りきれませんが

ご冥福をお祈りします。
by noripipi2000 | 2010-07-28 23:05 | Comments(0)