<   2009年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ジェニンの心

今日はこの前の記事だけにしようと思っていました。
ですが
mixiにアクセスしたとき
あるニュースが飛び込んできました。

子どもがいると
親として
いろいろ心配をする
必然があります。

ですが
この間がんがんさんが
「生きているだけでありがたいんだよね・・・それ以上はホントはさあ」と言っていました。


ジェニンの心


mixiのニュースを貼り付けさせていただいただけですが
ジェニンの心
お時間がありましたら
お読みください。






ある朝、街に銃声が響いた。撃たれたのは、12歳のパレスチナ人の少年。おもちゃの銃で遊んでいたところを、「カラシニコフを持った過激派」とイスラエル兵が誤認、頭を撃ち抜かれたのだ。イスラエルの病院に搬送されるも意識は戻らず、かろうじて機械がその心臓を動かすのみ。為す術もなく立ちつくす少年の父に、医師はこう切り出した。
 
 あなたが息子さんにしてやれることは、もうない
 しかし病院には、息子さんと同じように命の危険に晒されている子供が大勢いる
 あなたの決断は、難病に苦しむイスラエルの子供たちを救うことができるのだ―――

 臓器移植。同意すれば、息子の死を認め、その死を自らが決定づけることになる。また望もうと望むまいと、息子の命を奪ったイスラエルに、身を捧げて「報いる」ことにもなるのだ。煩悶した後、父親は決断を下す。ドナーになることを了承します、と。








 それから1年半後、少年の父・イスマエルは、移植を受けた子供たちを訪ねるため、イスラエルを巡る旅に出る。少年を動かしていた腎臓、肝臓、肺、そして心臓は今、どう「生きて」いるのか。果たして再会は、お互いにどのような変化をもたらすのか………………

■The Heart Of Jenin

 映画「ジェニンの心」は、アハメドという一人の少年の死を軸に、パレスチナ側から見た、紛争の姿を描くドキュメンタリーです。喪失から歩き出そうとする父・イスマエルの心の軋みを、カメラは静かに見つめます。






 1948年のイスラエル建国に端を発したパレスチナ紛争。自国を持たなかったユダヤ人は、悲願の建国を果たしますが、それは同時に以前のパレスチナ居住者を追放し、新たに難民を生む行為でもありました。

 パレスチナは一般に、ガザ地区とヨルダン側西岸地区からなる暫定自治区(日本政府はパレスチナを「国」として承認していません)を指します。二つはイスラエルが一方的に建設を進める「分離壁」で分断されており、パレスチナ住民が自由に行き来することはできません。


著作者:現代企画室『占領ノート』編集班/遠山なぎ/パレスチナ情報センター



 イスラエルが行う家屋の破壊、水道や電気などインフラの破壊、経済封鎖により、自治区内は深刻な貧困にあえいでいます。NGOによる食糧や物資の搬送は、イスラエルの妨害に遭い、満足な供給が行えていません。

 苛烈な抑圧により、自爆テロという究極の抵抗に追い込まれるパレスチナ人。しかしテロはイスラエル国民に新たな恐怖と反発を呼び、ますます「壁」が広がるという悪循環を生んでいます。アメリカを筆頭に、国際社会が「反テロ」を叫ぶ中、パレスチナは日増しに孤立へと追い込まれているのです。

 映画はそんな深い闇に沈むパレスチナの現状を見据えながら、敵対する民が臓器によって結ばれるという一筋の光を描き出します。少年の心臓を引き継いだのは、「メヌハ」という名のユダヤ人少女。その名は「静寂」や「平和」という意味を持つそうです。少女の体で脈打つ「ジェニンの心」は、混迷の続くパレスチナの希望となるのでしょうか………






 映画「ジェニンの心」は、10月1日より開催される「UNHCR難民映画祭-東京」にて日本初上映されます。難民問題を描いた映画が世界中から集まるこの映画祭、入場料はすべて無料です。殺戮と支配に苦しむ人々の悲しみに、あなたが目を向けてくれることを、世界は待っています。(キキ/mixiニューススタッフ)
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-30 22:53

私の赤血球の一部です。
正常赤血球はひとつひとつがばらばらに(イクラ)で丸になっていました。

d0116539_21385572.jpg

血液観測会について次回声掛けてくださいと既に6人の方からメールをいただきました。
反響が大きいですね。

折角なので
今回の私の血液観察会の写真を毎日1枚ずつアップします。
宇宙と不思議を感じてくださいませ。



この血液観測会を体験したがんがんさんと
翌日電話で話したのですが
血液だけでなく
脂肪細胞とかも宇宙でないかと・・・

いやあらゆるものが
宇宙の秩序に置かれていると思います。




人間的なミクロの世界の研究には
限界があって
宇宙の秩序で物事を考えれば
堂々としていられるはず。
人間界では受け入れられないかも知れないけど。


便利が引っ張ってくるものは崩壊・・・と
以前テレビで細木数子さんが言っていました。
(ちなみに私は人をバカバカ言う細木さんの全ては受け入れてません)
ペットボトルはとても便利です。
リサイクルも活発です。
ですが
リサイクルする上で
大量の石油が使われるそうです。
で、
オーストラリア(だったかな?)のある都市では
販売を禁止にしたそうです。

ペットボトルだけでなく
肉・魚・野菜についてくるパックも
同じですよね・・・

一人一人が意識をしなければ・・・
経済性重視を
転換しなければ・・・
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-30 21:53

好き!

d0116539_2244117.jpg


朝の保育園の園庭に中学生が・・・
宇都宮市の中学生の職業体験
「宮っこチャレンジ」のみんなでした。

好きな職場を選べるんですね。

私達の時には無かった試みでうらやましいです^^

今中学生だったら・・・・
迷わず
産科があったら産科にいきますね^^

好きを仕事にする・・・

究極の天職だと思います。

昨日の血液測定会の
ジャーナリストの阿部先生も
好きで仕事をしているのが
とてもよく分かりました。

楽しそうですし、
ずっと仕事の話をしていましたから・・・

ガイドをしていると
「仕事が大好き!」という方にたくさん出会います。

好きだと
そうそうストレスにもならないようです。

「お金のため」とか
「生活のため」が目的になってしまうと
肉体的・精神的に長続きが難しいようです。

やりたいことが見つからなくて
今の仕事を続けざるをえないときは
言霊で
「楽しいから!」とか
変換すると
次回そういう波動の仕事が
寄って来るはずです。

見逃さずキャッチ!^^v









[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-29 22:54

血液は宇宙

d0116539_2321027.jpg

d0116539_2322744.jpg

今日は血液観察会に行ってきました。
↑は私のたった1滴の血液から得たまさに宇宙というなの情報です。
詳しくはこちらのブログで見てください。
血液を見て思ったこと・・・

全てに因果関係があるということ
そして過去に起きたことは
修復できるけど、どういった形でかで
それは残るということ
相思相愛でことは成り立っているということ

そしてこれから先
今の因果関係の
因に気づけるなら
気づいたほうがうよいと言うこと

これが絶対ということは無いということ
なんでもほどほどということ
全てに感謝でことをすすめたいということ

血液は
私達が
いつもベストな状態でいられるように
働いていました。

その好意を
故意に無駄にしないように・・・

自分に無理をさせる→血液に無理をさせる→自己免疫低下

そんな方程式が成り立っている気がします。

寝る前に
自分のハートに手をあて
「ありがとう」

きっと癒されるでしょう。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-28 23:16

必要があって

d0116539_231557.jpg

しそに実が生って、先っぽに花が咲き始めました。

「みんな先だけ咲き始めたなあ」景色を見てハッ・・・
宇宙のいろんな微妙な秩序が集まって
いのちに伝達してるんだなあ~と。

d0116539_2310041.jpg


必要があって実がなっているんだよね。
どれも、これも。

d0116539_23133931.jpg



必要があって事がおこるんだよね。
どれも、これも。


冷静に物事を見ていく必要があるんですね。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-27 23:17

核のない世界へ

d0116539_222620.jpg


昔見たニュースです。

船の上で数匹のかごに入った羊が複数の男性になでられた後
海の中に入っていきました。
男性達がボタンを押すと
海の中で大爆発が・・・・

その後
引き上げられた羊たちは
舌が飛び出し
目は動かず
ほぼ瀕死状態でした。


羊は
原爆の実験に海の中に入れられたのでした。


破壊からは破壊しか生まれません。

他人の心を破壊すれば
自分の心が破壊されます。

他人の体を破壊すれば
自分の体が破壊されます。

地球は私達の家です。
地球を破壊することは
紛れも無く
自分を破壊していることです。


私達の使っている電気は
原子力で作られています。

作られているということは
ウランも生み出しているということです。

安保理で
「核兵器なき世界へ」に向け決議が行われました。

大きく
大きく期待しつつ

私達も足元の取り組みを・・・

テレビつけながら昼寝してないかとか
トイレの電気がきちんと消えているかとか

そんなことも
チリも積もれば山になりますから・・・

生み出された放射能廃棄物は
私達の家地球に積もるだけですから。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-26 22:31

日々感謝で・・・

d0116539_2272879.jpg


             今日のお月様

新型インフルエンザが流行っています。
宇都宮市立の学校は
いじめの原因・誹謗中傷の原因になるとかで
学校名を公表していません。

ですが、
宇都宮にある栃木県立の宇都宮東中学校は
県立であるために
学年閉鎖(といっても1クラスしかありませんが)になったのが新聞に公表になりました。

同じ宇都宮市内なのに
なんだか不思議な話です。

その前に
学校を公表すると
いじめの原因や誹謗中傷するお方は
いったいどんな方なのかと・・・

自分はならないと思っていらっしゃるのかと・・・

宇宙の法則は
したことは返ってくるということ。

学校名を公表しなくても
不思議なことに
情報は入ってきます。

保育園は
兄弟の通う学校でインフルエンザが発生したら
お知らせくださいと言っています。

それから
新型インフルエンザはそんなに怖くないという情報もたくさんあり
私もそう思います。


日々感謝で生きるのが
宇宙の法則なのです。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-25 22:26

d0116539_21563849.jpg




世界に一つだけの花・・・

実は2008年1月8日のブログにもこの曲はアップしていますが
今日、ミュージックステーションで
国民的名曲1位に選ばれていました。
聴いていたら
この曲には
「みんなちがって、みんないい」と言う意味があるんじゃないかと・・・
そう思って聴いていたら
余計に思いっきりジ~ン・・・としました。



世界に一つだけの花
作詞 作曲 槇原 敬之


 花屋の店先に並んだ
 いろんな花を見ていた
 人それぞれ 好みはあるけれど
 どれもみんな きれいだね
 この中で誰が一番だなんて
 争うこともしないで
 バケツの中 誇らしげに
 しゃんと胸を張っている

 それなのに 僕ら人間は
 どうしてこうも比べたがる?
 一人一人違うのに その中で
 一番になりたがる?

 そうさ 僕らは 世界に一つだけの花
 一人一人違う種を持つ
 その花を咲かせることだけに
 一生懸命になればいい


 困ったように 笑いながら
 ずっと迷ってる人がいる
 頑張って咲いた花はどれも
 きれいだから仕方ないね
 やっと店から出てきた
 その人が抱えていた
 色とりどりの花束と
 嬉しそうな横顔

 名前も知らなかったけれど
 あの日僕に笑顔をくれた
 誰も気付かないような場所で
 咲いてた花のように

 そうさ 僕らも 世界に一つだけの花
  一人一人違う種を持つ
 その花を咲かせることだけに
 一生懸命になればいい

 小さい花や 大きな花 一つとして
    (小さい花 大きな花)
 同じものはないから
 No.1にならなくても いい
 もともと特別な Only one

 ララーラ ラーララ ラーララ ラーララ・・・・・

[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-25 21:56

生きることは・・

d0116539_21294770.jpg



生きているといろいろなことが用意されます。

やる事やって
あとは
神様にお任せするしかないですね。

もし
気が滞ってしまった場合
その滞りを
宇宙の法則で考えて
流しましょう。

そうすると
気づきが変わります・・・

生きていくことは気づくことです・・・
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-24 21:29

星空のシロという絵本をご存知でしょうか?
実話ですが
以前ニュースステーションの中で特集になりました。


d0116539_22131022.jpg

そして・・・
この絵本の売り上げと印税の一部は、たすけを必要としている動物たちのために使われています。



飼い主に捨てられたシロは、動物管理事務所から病院の実験施設に連れてこられました。
脊椎の中枢神経を切り取る実験に耐えました。
ですが、
術後のケアはほぼ無し。
縫合の糸も垂れ下がったまま。
皮膚も膿だらけになってました。
日々弱っていく様子に
実験施設の掃除の係りの方は
施設の方に話すのですが誰も相手にしてくれません。
もちろん実験用の犬なので引き取ることも許してもらえません。

施設係りのさやかさんが毎日
シロの様子を見に行くと
尻尾を振って
擦り寄ってきて涙を流すシロ。

そんな様子を見た係りのおじさんが
迷った末
ある日ゲージを開けたままにしました。
もちろん怒られるのを承知で・・・


シロはさやかさんが引き取りました。


シロは元気になっていきました。
ですが
小さい時に頭に受けた傷(おそらく実験で)が原因で
投げたボールを見つけることも
自動車が来ても危ないということも分かりません。


クリスマスの日、
シロは自動車の前に飛び出していきました。




シロは星になりました。
優しいこころが世界中にひろがって
すべてのいきものが しあわせになれるように
きらきら きらきら またたいています。

(部分、部分星空のシロより抜粋しています)

私達の
医学・薬学の研究は
尊いいのちをいただいて進歩しています。

動物実験の是否は以前から言われていますが
もし実験として必要ならば
尊いいのちとして
接していただきたいです。

もちろん実験施設では
年に一度は
実験動物の慰霊祭が行われます。
ですが
いのちがあるということは
心もあります。

麻酔無しで行われる実験も多く存在します。

なるべく
苦痛が少なくすむように
不要な実験がなくなりますよう
是非、是非お願いしたいです。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-09-23 22:30