<   2009年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

一粒の種

仕事上は宇宙に還るなんて言葉を使っていますが
「死」と
人は
向き合わなくてはいけないときがあります。
対自分
対両親
対身内
対大切な人
対患者さん・・・・


向き合った人にだけ分かる感情

それが
対患者さんであることも
もちろんある訳です。
その看護師さんの名は高橋尚子さん。

物静かで
他の患者さんにも優しい
中島正人さん46歳
全身にがんが転移していました。

宇宙に還る数日前
泣きながら
「死ぬのが怖い」と大粒の涙をこぼした
中島さん。
その中島さんの遺言を
高橋さんは書き残しました。

「一粒の種でいい。人間の種になって生きたい」


今日、たまたまかけた3チャンネルで
そのドキュメントを放映していました。

遺言は
歌となり
たくさんの方の心に
響いているそうです。

視聴ができます→http://jp.myspace.com/sunakawaerika

一粒の種


作詞:中島正人・高橋尚子・下地勇 作曲:下地勇

一粒の種に 一粒の種に
ちっちゃくていいから
私もう一度 一粒の種になるよ

出会って 語って 笑って 泣いた
生きててよかったよ
あなたのそばでよかったよ

一粒の種は風に飛ばされ
どっかへ行ってしまうけれど
あなたへと辿る確かな道を
少しずつ舞い戻って
丘の上からあなたにだけ見える
闇にも負けない光を放とう
ささやかな日々に愛をもらった
私にはそれができる

一粒の種に 一粒の種に
ちっちゃくていいけど
あなたにだけ 気づいてもらえる種になる

痩せた頬に もう涙を流さないで
震える声で もう語りかけないで
私は笑顔であなたを見ている
私を愛するあなたを見ている

心配ばかりかけてごめんね
淋しい思いさせてごめんね
そろそろあなたを 次の場所で喜ばせてあげるから

一粒の種に 一粒の種に
ちっちゃくていいから
命の種に 必ずなるから
すぐそばにいるから



最後に・・・
生きていることは
尊い
生きていることは
ただただ
尊い

・・・はずです。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-31 23:38

選挙の日に・・・

d0116539_229663.jpg

選挙
心を込めて
投票してきました。

日本の未来だけでなく
世界の未来のために
地球の未来のために
宇宙の未来のために・・・・




選挙から帰ってくると
24時間テレビで
カンボジアの子ども達の特集をやっていました。


小さな小さな子が
何人も
何人も
売春宿に売られていました。


親は麻薬を買うお金がないとか
そんな理由で
子どもを売ってしまうそうです。

売春宿・・・
名の如く

強制的に仕事をさせられるため
蜂に刺させられたり
ムチで打たれたり
拷問されたりしたり・・・
7歳8歳・・・
そんな年齢の子が当たり前なんです。

お客さんには
日本人も多いと・・・・

そんな子ども達の保護施設があります。
ですが
政府の補助が出なく
半年で無くなる運命にあるんです。


売春宿の鉄格子の狭い部屋の中で
救いを求めている子ども達


ふと思いました
「新型インフルエンザなんて流行らないで欲しい・・・」


生きること
生きる権利

なんだろう・・・

体が出来ていない子に
そんなこと

ああ・・・・

世界で
最低限度の人権を
守れる法律を作って欲しいと。


生きているのですから・・・


私に出来ることはなんだろう


現実社会においても
4次元のスピリチュアルな世界においでも
出来ることは
あります。


ふと
足元を見直す機会がまた増えた気がします・・・・・・



こどもの売春宿
勘弁してください

そして
その子ども達をもて遊ばないでください。


d0116539_2234751.jpg


見上げると空は繋がっています
海だって繋がっています


世界が平和であって欲しい・・・・
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-30 22:30

ありがとうございます

d0116539_2351290.jpg



ガイドが始まって
いったい何人の方と
お茶をしただろう・・・・

涙がお茶の中に入った人を見るのも
めずらしくなかった

ガイド時
全く飲み物に手をつけないで
終わってしまった方もいました。


皆さんとお会いできる瞬間
お互いが
「そうかな?」と思う瞬間

いつも
「また会ったんだよな」って思います。

前回は
前世だったかも知れません・・・・


今世での出会いに感謝・・・・


ありがとうございます。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-29 23:14 | ありがとうコースター

いかに輝くか・・・

d0116539_2253417.jpg

昨日に引き続き
しぃちゃんでしゅ^^




オンリーワンの道で行く人もいれば

複数の道を行く人もいます


チェロの有名な奏者ヨーヨーマさんは
大学では全く違うことを専攻していたそうです。

甲子園の監督はもちろん保健体育の先生が多いですが
そうではない教科の先生もいますし。

吹奏楽の全国大会で常連の千葉県の習志野高等学校の先生も
教科は世界史です。


こうしなければいけない・・・
なんてことは無くて
いかに好きなことに
大切にエネルギーを傾けられるか・・・

神様はちゃんと
後々ギフトを用意してくださいます。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-28 22:53

誕生日を過ぎて
自分の体と心にもっと優しくしてあげようと実感。
体と心のいろんなことを解決したくなり
必然に病院に行く機会も増えました。

そうしたら
「生きてることって感謝なんだなあ」と更に思うようになりました。

皆さんご存知だと思いますが
もうひとつ
ありがとうが美味しいな」と言うブログをやっていますが
食の美味しいことも大切ですが
それ以前に
もっともっとありがとうが多いことに今更ながら気づきました。
草木の生命力
近所の人の優しさ
患者本位のお医者さん
虫の鳴き声
心と心・・・

そこにもっと目を向けようと思い
昨日から
「今日もありがとう」とブログ名を変えてみました。

で、今日
宇宙の法則を教えてくださった師匠のかめのすけさんの奥さんRさんの所へ
まつ毛のパーマをかけにいったら
なんと部屋に色紙が・・・
d0116539_2314056.jpg


なんだか昨日ブログ名を変えて今日の話なので
シンクロ!!!!と・・・

この言葉はRさんが実感したことを書いたそうです。

左下のネコちゃんの肉球は・・・
こちら・・・
しぃちゃんのだそうですよ。
d0116539_2365493.jpg


その後師匠が部屋に・・・
師匠と話している間
Rさんが私のカメラ片手に部屋を試し撮りをしていましたので
記念に^^
アップします

(人様の作品なので私の編集無しでアップしますね^^v)

d0116539_23104476.jpg

d0116539_23114445.jpg
d0116539_23125222.jpg


とても楽しくて素敵な写真ですう~

Rさん楽しい時間ありがとうございました。

今日も生きてるありがとう
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-27 23:17

d0116539_6255433.jpg



班内の魚の卸やさんが
お祭りにお刺身とお寿司を差し入れしてくださいました。
なんでも感謝していただくことが
もちろん先ですけども(^-^ゝ
うんまかった~です(^Q^)
餅は餅やですね∠(^_^)



必要以上に考え込むのは勿体無いかも
まず
口に出してみることのほうが
ずっと
エコかもしれないです。


正解は来なくても
突破口が見つかるはず・・・

そう実感する
今日この頃です^^
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-27 00:16

拒否しない

d0116539_2153421.jpg


ミルクレープのように
生きていくことは
気づきの積み重ね

陰陽
どちらも気づきと転換すれば
全部土台になる

どっしりとした・・・

怖いと言う思い込みを捨てる

私はある時から
西洋医学をある意味否定してきていたのでしょう。

ですが
健康に向かうための
100㌫の中の約30㌫は現代の西洋医学で賄える・・・
そんな事実を受け入れたのは
今年の誕生日以降だと思います。

ほぼ10年間病院知らずでしたが
逆に今は
予防のために
そして
西洋医学のことも知りたくて
まめに行っています。
(自分的には信じられませんが・・・)
不思議なことに
良い先生ばかり・・・

自分の体にも優しさを持っていく
気を向けていく

そんな年齢になったのかも知れません・・・


どうぞ、
自分の体
ご自愛くださいませ。
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-25 22:01

全て繋がっている・・・

一番実力株 花巻東菊池くん・・・

神様が与えたのは
登板途中での激痛

誰も予想しなかったことでした。

準決勝にて敗退
d0116539_2364197.jpg



決勝戦 
中京大中京対日本文理

9回表6点差ツーアウト

ここから平静を保つのは
容易ではありません

選抜で、9回ツーアウトからひっくり返された中京大中京

そして
常にフルカウントからのバッティングを練習してきた日本文理


まさかここから5点入るとは・・・

誰も予想しなかったことでした。
d0116539_23103210.jpg



心と心・・・・
d0116539_23163197.jpg

時代が流れて行っても
結局は
心と心・・・・

相手を敬う
心と心・・・・

お互いを敬う
心と心・・・

真は
愚痴でも、お世辞でもなく
お互いを敬う
心と心・・・・


選手がグラウンドを行進する中
大粒の涙を隠すことなく流していた中京大中京の監督
d0116539_23192396.jpg


「ここまで9回裏にやってくれるとは、驚きました」と日本文理の監督
あったかいあったかいまなざしで行進を見つめていました
d0116539_2322657.jpg



様々なことを通し
何かに気づけることが
ただ
ただありがたいなと・・・・


生きていると
良いことばかりではなく
気づきのタイミングがきます。

うまい具合に気づいていきたいです・・・・・

d0116539_23471926.jpg

[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-24 23:25

ありがたいです・・・

d0116539_22451419.jpg

学校から持ってきたバケツ稲も
自然の恵みをいただいて^^大きくなりました。


Iさんからの話を会話に再現してみました
Iさん親子はいつもとても愉快です(^ω^)

Iさん「ここあさんのブログ携帯にブックマークして」

娘さんはついでに自分の携帯にもブックマークしたらしいです。

ある日・・・・

娘さん「お母さん、ここあさんのブログ見た?良いこと書いてあったよ。
口から出る言葉の1回目は浄化で2回目からは愚痴だって(b^♀^)b」


愉快でもユニークでも

共有していただけることが
ありがたいです・・・・・・


[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-22 22:55

天国の特別な子ども

mixiでブログを書いている
こづさん(ちび まるお)さんが
昨日の息子さんの7歳の誕生日に
素敵な詩をアップしていました。
こづさんに承諾いただきまして
そのままアップしたいと思います。

そのままアップすることが
ベストであり
エネルギーをそのままの波動で
お届けできると思ったからです。



今日は、お兄ちゃんのお誕生日。
7歳になりました。

私にとっては7年前の今日が初めての出産。
昨日のことのように思い出します。

初めて自分の腕に抱いたあの時、鳥肌が立つくらい嬉しかったけど、
ドキドキと不安だった・・
少しづつ、少しづつ、親になっていきました。


先日、「天国の特別な子ども」という詩を思い出しました。
私がこの詩を知ったのは、大学の講義でのこと。
ダウン症候群の子どもたちについての講義でした。
最後の講義で教授が紹介してくれました。


         天国の特別な子ども

会議が開かれました。 地球からはるか遠くで
”また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ”

天においでになる神様に向かって 天使たちは言いました。
”この子は特別の赤ちゃんで たくさんの愛情が必要でしょう。

この子の成長は とてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして 一人前になれないかもしれません。

だから、この子は下界で出会う人々に
とくに気をつけてもらわなければならないのです。

もしかして この子の思うことは
なかなか分かってもらえないかもしれません。
何をやっても うまくいかないかもしれません。

ですから私たちは この子がどこに生まれるか
注意深く選ばなければならないのです。
この子の生涯が しあわせなものとなるように

どうぞ神様 この子のためにすばらしい両親を
さがしてあげてください。
神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

その二人は すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。

けれども 天から授けられたこの子によって
ますます強い信仰と豊かな愛をいだくようになることでしょう。

やがて二人は 自分たちに与えられた
特別の神の思召しをさとるようになるでしょう。

神からおくられたこの子を育てることによって。
柔和でおだやかなこのとうとい授かりものこそ
天から授かった特別な子どもなのです”

Edna Massimilla作
(大江祐子訳)


この詩はダウン症候群の子どもをもったお母さんが書いたもの。
すごく感動しました。
学生で独身だったけど、
「地球のどこかにダウン症の子や障がいをもった子どもが生まれるのなら、私のとこにおいで。私と一緒に幸せになろうね」って真剣に思ってました。

でも、今はこう思う。
障がいをもって生まれた子が特別なんじゃない。
(だいいち、障がいって何?障がいって、その人自身がもってるのじゃない。その人と社会との間での障がいなんだと思う)

子どもはみ~んな特別。
み~んな、親となる私たちを選んで生まれてきたの。
子どもは親を愛し、親を成長させてくれるために生まれてきたんだなぁ
って。

私はお兄ちゃんから、たくさんの愛をもらってきました。
私のお腹の中に舞い降りた瞬間から。。。。

私は子どもから愛を学びました。

お兄ちゃん、ママのところへ生まれてきてくれて、ありがとう。
ママもあなたを愛しています。
未熟なママだけど、どうぞ、これからもよろしくね。


こづさんありがとうございました。


医学的に位置づけした
障がいがある子が生まれてくる確率は600人に1人と言われています。
ですけど
私もずっと思っています。
障がいってなんだろうと。


私は
出来ることは
させていただきたい。

それは
誰に対しても
どんなことに対しても・・・
[PR]
by noripipi2000 | 2009-08-22 00:07