淀川工科高等学校 丸谷 明夫先先生 アルメニアン ダンス パート1

会場の私の質問で講演はちょうど時間になり
休憩を挟んで
真岡高校吹奏楽部と吹奏楽部OBの合同演奏
アルメニアン ダンス パート1(淀工の演奏はこちら)になりました。

もっちろん!
指揮は丸谷先生です。

1部の講演では濃紺(多分)のスーツでしたが
指揮の前に黒のスーツに着替。
コンクールと同じように
客席に深々とあいさつをされて
そして
2部でもマイクを持ち
「長い曲?長いかなあ?ま、長いでしょう・・・。テンポが速くなったら終わりますから、それまではどうぞ
寝ていてください」なんて説明で笑いをとってました。

真岡高校と練習の時間、回数はどれくらいあったのかはわかりません。
でも、
後ろ姿から見える
丸谷先生の指揮と
横顔が
本当に表情豊かさで
いろんなことが十分すぎるほど伝わってきます。
「・・・・真岡高校の生徒さん達は幸せだなあ。それに気づいてくれてるかなあ」と
思いつつ
私だったら
放心状態になってしまうかも・・・と。

(実際、以前第九を大友直人さんの指揮で歌ったとき、3日くらい本当にぼ~っとしてしまった)

長くない。
全然長くない。

夢中になって舞台を眺め、曲を聴き、指揮を見ている間に
テンポが速くなって終わってしまいました。

わああああ~
もっと聴きたい!
聴いていたい!!

と、思ったら
やはり最後に1曲用意してくださっていました。

ふるさとです。

丸谷先生が解説してくれました。

「この曲には過去、現在、未来があるんです。
1番が過去、2番が現在、3番が未来。日本を代表する名曲だと思います。」
と歌詞を全部読んでくださいました。


① うさぎ追いし かの山

小鮒こぶな釣りし かの川

夢は今もめぐりて

忘れがたき ふるさと


② 如何いかにいます 父母

恙つつが 無しや友垣ともがき

雨に風につけても

思い出ずる ふるさと


③ 志こころざしを 果たして
いつの日にか 帰かえらん

山はあおきふるさと

水は清き ふるさと



ふるさとはとてもいい曲だと私も思います。

陸上自衛隊中央音楽隊の演奏会でのふるさとはアンコール。震災のすぐ後で
会場中の2000人が歌いながら号泣でした。

蜂巣小学校の閉校の記念演奏会は、私は演奏する立場で。演奏しながら、子供たち、地域の人たち、先生のそして、終わったあとのオケのメンバーの表情は一生忘れられません。

そして丸谷先生のふるさと。
もちろん指揮は客席に向かってでしたし、
先生も歌ってました。

「わ~丸谷先生の指揮で私歌ってるし~」と
感激しながら
あの日、芳賀の道の駅にちょっと時間があったので
立ち寄ったから知りえた演奏会のポスターだったので
いろんなことに不思議を感じながら
感動の1日をすごさせていただきました。

笑ってコラえての中のこと先生はついでで話してくれました。

「私は生徒を怒ってばかりいますけど、あれじゃ、生徒なんて来ませんよ。怒ってるシーンばっかりつなげてるんです。」
「普門館にギリギリに到着したように撮影してますけど、1時間も前に到着してますからね~」

でしょうね~^^

丸山先生ステキな1日ありがとうございました。
[PR]
by noripipi2000 | 2013-09-17 22:48