ドイツ料理店で・・・それも必然

今読んでいる本は
目から鱗が何度も落ち続けるほど
生きていく何かを
よみがえらせる驚きと衝撃の本です。

師匠が
「ここあちゃん読まなきゃだめだよ」と言ったので
読み始めた1ページ目で愕然とされられたまま
ずっと同じ気持ちで読んでいます。

その中に昨日の続きで
「必然しか起こらない。必然にまず感謝」というようなことが書いてありますが

昨日家族で行った地元のドイツ料理の店
d0116539_8233451.jpg

帰りタクシーを拾おうとしたら
一方通行なので私たちが行く
マリバコ地区には行かない(行きたくない)とずっと断られ続け
お店のスタッフも何人もでタクシーを拾おうと協力してくれたんですが
全くダメ。

最初「どうすんだあ~」と思っていたんですが
この本のとおり
おこることはすべて必然。今感謝すること。
そして気づきだ・・・と
気持ちを転換させて
「美味しいと教えてくれたダイビングショップの方に感謝、連れてきてくれたパパに感謝、そして美味しくいただけたことい感謝。この地区はタクシーが拾いにくいことを気づかせてくれたことに感謝。一生懸命タクシーを拾うとしてくれているフィリピンの店の方に感謝」・・・

そしたら、なんと
私たちの目の前を
ホテルの日本人スタッフ小笹さんが
自転車で通ったのです。
「あら~みなさんなにやってんですかあ~」と呑気に言うんで
事情を説明したら
「この先で折り返しで拾えます。一緒に行きましょ」と
連れて行ってくれてタクシーまで拾ってくれたのです。
それも
ぼったくりタクシーじゃなくて、メーター明朗会タクシー。

いや、宇宙につながる
神様につながる
凄い本だと思いました。

これからも
気づきと感謝でいきたいと思います。
[PR]
by noripipi2000 | 2013-07-27 08:24